ワイスリーY-3 買取強化中 完全無料 全国対応 キャンセルOK 25年の信頼と実績 数万点の買取実績 正しい目と知識で買取 リピーター率90%超え 古い年代モノ商品も買取OK!! 丁寧な対応 大切にお買取した商品は世界中の次のお客様へ届けます!

ワイスリー買取実績

ワイスリー買取の
よくあるご質問

Y-3の洋服以外も買取可能でしょうか?

靴・帽子・財布・バッグなどの小物全般や、アクセサリー類も買取可能です。
ブランドのノベルティー・カタログ等も買取可能です。

シミや汚れがあるY-3の商品も買取可能でしょうか?

プレイフルにてクリーニング、リペアの対応いたしますので買取可能です。

年代物の古いY-3の商品も買取可能でしょうか?

ブランド初期のアイテムでも人気のデザインがあり、お買取可能です。
※商品の状態によってはお買取できない場合がございますのでご了承ください。

Y-3の買取価格の比較的高い商品はどのような商品でしょうか?

今期商品・コレクションライン・状態が良い商品は比較的高いお値段が付きやすいアイテムです。

付属品を無くしてしまいました。買取可能でしょうか?

ライナーやベスト、バッグの付属品により査定に影響が出る場合がありますがお買取可能です。

紙袋・ビニール袋・タグなども残っていれば一緒に送った方が良いでしょうか。

タグはあれば一緒に送ってください。紙袋などは査定に影響しませんので送っていただく必要はございません。

シーズン外の商品も買取可能でしょうか?またシーズンで査定は変わりますか?

シーズンによって査定額が変わることはありません。どのシーズンの商品もお気軽にお送りください。

品質タグを切ってしまいました。買取可能でしょうか?

品質タグを切ってしまった商品もお買取可能です。

裾あげ、サイズ直しした商品は買取可能でしょうか?

査定に影響が出る場合がありますがお買取可能です。

査定前にクリーニングに出した方がよいですか?

汚れやシミを確認した上で査定しております。落ちる汚れであれば汚れやシミが少ない方が査定が上がる場合がございます。

1点からの査定は可能でしょうか?またキャンセルは無料ですか?

1点から査定も可能です。もちろんキャンセルも可能です。お客様のご負担は一切ございませんのでお気軽にお問い合わせください。

プレイフルってどんなお店ですか?買取された商品はどうなりますか?

DCブランドの古着買取を中心に買取をしている買取歴25年の安心・安全のお店です。ハイブランドやDCブランド以外の買取も可能です。買取させていただいた商品を丁寧に1点1点、検品・査定致します。無料宅配キットによる全国宅配買取、出張買取りも承っております。詳しくはこちら(https://www.playful-kaitori.com/first/

Y-3 の機能美

Y-3の特徴としてはスポーツブランドのアディダスが追求する機能性と、デザイナー山本耀司のハイエンドなデザインの融合が挙げられる。得意のジャージ素材やナイロン素材などを用いスポーティーな動きやすさを持たせつつも、デザイナーズブランドのエッジを匂わせている。スポーティーとモードという相反するコンセプトに対し、日々研鑽を重ね生み出されるクリエイションは、見るものに常に新鮮な驚きを与えてくれる。

  • img03
  • 09_y3
  • 10_y3
  • 11_y3
  • 12_y3
  • 13_y3
  • 14_y3
  • 15_y3
  • 16_y3
  • 09_y3
  • 10_y3
  • 11_y3
  • 12_y3
  • 13_y3
  • 14_y3
  • 15_y3
  • 16_y3

Y-3

ワイスリー Y-3

アディダスとヨウジヤマモトは2001A/Wシーズンからコラボレーションのプロジェクトを開始。「Adidas for Yohji Yamamoto 」のブランド名で限定的にコレクションを展開していた。それをきっかけにアディダスが山本耀司をクリエイティブディレクターに迎えY-3がスタートする。アディダスのトレードマークである3本線の配置やパターン、色使いに山本耀司が作り出す独特なテイストを加えて、トレンド、ファッション性の高いスポーツウェア、モダンなスポーツスタイルを表現している。革新的なスポーツウェアとして注目を集める。

  • 01_item01
  • 01_item02
  • 01_item03
  • 01_item04
  • 01_item05
  • 01_item06

Yohji Yamamoto FEMME

ヨウジヤマモト ファム Yohji Yamamoto FEMME

デザイナー・山本耀司により1972年に設立されたワイズ社より、パリコレ参加をきっかけに1981年に創設。当時発表された黒を基調としたショーは、川久保玲のコム・デ・ギャルソンとともに「黒の衝撃」と称され、閉鎖的であったモードの概念を覆し賛否両論の評価を受ける。特にレディースのコレクションラインである当ライン(通称FEMME)は山本耀司の反骨心による解体と、構築的モダニズムが生み出すダイナミックかつ繊細なクリエイションを得意としている。極端にアシンメトリーなものであったり、一目見ただけではその全容を図りかねる難解なアイテムが数多くあるが、そのいずれも計算され尽くしたパターンにより完成された美しさを見せる。

    Yohji Yamamoto NOIR

    ヨウジヤマモト ノアール Yohji Yamamoto NOIR

    ヨウジヤマモトの世界観を日常着(デイリーウェア)で表現したレディースライン。黒をテーマとし、分量、バランスにこだわり、山本耀司の世界として、クラシック(古典ではなく、流行にとらわれないスタイル)、エレガンス、ゴージャス(豪華ではなく、洗練されて美しい様)を表現している。実は「FEMME」はカジュアルラインであり「NOIR」はフォーマルライン(FEMMEの18時以降の服)という意味合いがある。

      REGULATION Yohji Yamamoto

      レギュレーション ヨウジヤマモト REGULATION Yohji Yamamoto

      レギュレーション ヨウジヤマモトは、ヨウジヤマモトの新ラインとして、2013年にスタートを切ったブランドです。 デビューは2013年の春夏コレクションから。日本を代表する世界的デザイナーのひとり、山本耀司の意向が詰まったブランドです。

        Yohji Yamamoto POUR HOMME

        ヨウジヤマモト プールオム Yohji Yamamoto POUR HOMME

        1984年パリコレデビュー。ヨウジヤマモトブランドのメンズコレクションライン。デザイナー・山本耀司の考える男性像は、社会の規範に縛られることなく自由な精神を持つ“何者だかわからない”男たち。コレクションでは彼の精神に則り、スタイルや職業、さらには年齢国籍を問わずあらゆるモデルが闊歩する。特徴としてはビッグシルエットを基調とし、流行に囚われることのないダンディズムを現す。まるで山本耀司本人を投影したようなスタイル、モードでありながらリアルクローズ志向、そして完璧なテーラードの造形とが共存している。

        • Yohji Yamamoto POUR HOMME 鹿鳴館期 95年AW リバーシブルコート
        • ヨウジヤマモト プールオム Yohji Yamamoto POUR HOMME 杖村さえ子バックプリントジップアップ半袖シャツ
        • Yohji Yamamoto POUR HOMME ウールメジャーニットセーター
        • Yohji Yamamoto POUR HOMME ジップシャツ
        • Yohji Yamamoto POUR HOMME×READY MADE シンサレートワッペンG1ブルゾン
        • Yohji Yamamoto POUR HOMME 内田すずめ太陽の子バックプリントレザーブルゾン
        • Yohji Yamamoto POUR HOMME スポテッドホースパッチワークマミーデニム

        Yohji Yamamoto COSTUME D'HOMME

        ヨウジヤマモト コスチュームドオム Yohji Yamamoto COSTUME D'HOMME

        メンズのスーツライン。サラリーマンにも着れるヨウジヤマモトのスーツがテーマ。スーツの他、ネクタイやシャツ、ベスト等も取り扱う。ヨウジヤマモトの世界観を継承しつつも、コレクションラインに比べベーシックなアイテムが揃う。

          GroundY

          グラウンド ワイ GroundY

          ヨウジヤマモト社のフィルターを通しファッションの新たな可能性を提案するブランド「Ground Y」。 コンセプトにシンクロする多面的な要素を取り入れながら、ジェンダーレス、エイジレスなスタイルで新しい世界観を提案している。

            Yohji yamamoto discord

            ヨウジヤマモト ディスコード Yohji yamamoto discord

            服作りにこだわり続けている山本耀司が、ラグジュアリーアクセサリーを通して新しい価値観を提案。ハイクオリティに拘ったバッグ、シューズ、スカーフのコレクションは、繊細でたおやかな日本の文化である奥ゆかしい美しさをデザインに取り入れている。

              Y's

              ワイズ Y's

              デザイナー・山本耀司が手掛けた最初のブランドであり、山本の服作りへの思想と哲学そのものである。原点は男性の服を女性が着るというコンセプトであり、オーバーサイズのメンズっぽい仕立てが特徴とされている。時代に流されることのない価値観を持つ、自立した働く女性たちへ向けた機能的かつ品位のある日常着を提案している。

                Y's for men

                ワイズフォーメン Y's for men

                1979年設立。Y's(ワイズ)のメンズライン。もともとはY's(ワイズ)を着ている女性の隣にいる男性が似合う服というコンセプトのもとに始まる。コンサバティブなメンズの概念とは異なる服を発表する。コレクションラインに比べデザイナー・山本耀司の趣味、嗜好をより深く反映させた“自身が着たくなる服”がリアリティを産み共感を得る。自身のためにサイジング等を調整した別ライン(通称赤ラベル)を作るなど、遊び心にも溢れている。2009-10年秋冬コレクションをもって休止。

                  Y's Red Label

                  ワイズ レッドレーベル Y's Red Label

                  2006A/Wコレクションでヨウジヤマモトが展開する、ワイズの実験的な新ラインを展開。デザイナーには鈴木道子が就任した。このラインは、赤色で名前(ラベル)を書いたことから、途中、それがそのままブランド名「ワイズレッドレーベル(Y’s Red Label)」となった。鈴木道子は、コレクションの際、新聞のインタビューで「ワイズの原点は反骨精神。結婚という形が束縛の象徴に思えて、既成概念を壊したかった。男に媚びないマニッシュな服、というワイズの原点を、違う世代の私が自分なりに解釈し直してみた」と語っている。すでにデザイナーの鈴木道子さんは退社しており、ブランドは2009年AWを持って休止となっている。

                    Y's red Label

                    ワイズフォーメン 赤ラベル Y's red Label

                    ワイズフォーメン(Y's for men)で自身が着ることを想定したスタイルとサイジングの服を提案するライン「赤ラベル」。MA-1やM65型フィールドジャケットなどのカジュアルなデザインが中心となっている。現在は終了しているライン。

                      無料買取のお申し込み

                      PAGE TO TOP

                      DCブランド/デザイナーズブランド
                      無料買取のお申込み・
                      お問い合わせはこちらまで

                      • 完全無料
                      • 全国対応
                      • キャンセル無料
                      0120-129-084

                      受付時間11:00〜20:00(年末年始除く)/ 携帯電話からOK

                      〒564-0052 大阪府吹田市広芝町5-4 シーアイビル5F

                      0120-129-08411:00〜20:00

                      無料買取申込み