プレイフルマガジン

「DCブランド服買取のプレイフル 」をとりまくあれこれを読み物としてお伝えしています。

ブランド

2022.04.04

2022.04.04

LIMI feu(リミフゥ)について

こんばんは!DCブランド古着買取専門店のプレイフルです。

本日はLIMI feu(リミフゥ)のお話をしたいと思います。

デザイナー山本里美について

Yohji Yamamotoのデザイナーである山本耀司の長女として1974年に誕生。

その後、山本耀司の出身校である東京の文化服装学院へ入学し、卒業後は株式会社ヨウジヤマモトに入社します。

ヨウジヤマモトでパタンナーとして経験を積んだ後、

2000年秋冬シーズンからY’sのラインである、Y’s bis Limi(ワイズ ビズ リミ)をスタートさせます。

その後はブランド名をLimi feuへ改め、父親である山本耀司の力を借りることなく活動し

国内のトップデザイナーとして認知されるようになりました。

Limi feuについて

「どんなに時間がかかろうと自分のペースで道を切り開いていく少し逸れた感じの女性や、か弱い女性」が

山本里美の作り手として理想の女性像のようで

そういう女性が黒い服や強い服を着ると、その人の中にある厳しさや強度が表れてくるような気がする、とインタビューで話しています。

また、メンズラインを作ることはないようで

男女の服にあえて境界を作ることに違和感を感じている為

リミフゥの服を着たいと思っている男性には躊躇なく着てほしいという思いがあるようです。

父、山本耀司について

世界的に有名なデザイナー、山本耀司について

「住む世界が違う人」と割り切っていたとお話されています。

デザイナーになる前はモードの世界にあまり関心がなく、10代の頃は服よりも音楽に興味があり、

どちらかというとストリートに魅力を感じていたそうです。

インタビューで、「結果的に自分は今デザイナーとして働いていますが、ふとした瞬間

私は山本耀司の娘でもなく、黒を愛用するデザイナーでもなく、

全く違う人間だったかもしれないなと思ったりすることがあります。」と話されています。

山本耀司を父に持ち、同じファッション業界のデザイナーとして働くことに

計り知れないプレッシャーや覚悟をされてきたのだと感じた言葉でした。

引用元:FASHION PRESS

最後に

今回はLIMI feuのお話をしました。

プレイフルではLIMI feuの買取を強化しております。

無料査定でまずはお気軽にお問い合わせください。

はじめての方はコチラからどうぞ。

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line
PAGE TO TOP

DCブランド/デザイナーズブランド
無料買取のお申込み・
お問い合わせはこちらまで

  • 完全無料
  • 全国対応
  • キャンセル無料
0120-129-084

受付時間11:00〜20:00(年末年始除く)/ 携帯電話からOK

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町5-4 シーアイビル5F

0120-129-08411:00〜20:00

無料買取申込み